史上最高、最強のウニ丼を見つけたぞ

北海道では色々な場所でウニ丼を食べることができる。ウニ好きにとっては天国のような場所だ。
やろうと思えば旅をしながら三食全部ウニ丼食い続けることだってできる(やんないけどさ)。

遂に見つけた究極のウニ丼とは?

そんな北海道を旅している時、礼文島ですげえウニ料理に出会った。
ここ、実はホッケのチャンチャン焼きで有名な店。ちなみにチャンチャン焼きの記事はこっちね http://car-be.jp/chanchanyaki

ここで見つけたのが”元祖ウニ丼”っていうメニュー。価格、なんと5000円! (くらいだったと思う。ハッキリ覚えてなくてゴメン)。
「えーなんだそれ、どんだけ美味いんだ、そのウニ丼!」
その金額でまず皆大騒ぎ。最高級のエゾバフンウニだってそんな値段にならないだろう、って思って聞いたら塩漬けになった粒ウニを使ってるらしい。

捕れたばかりの礼文島のウニをそのまま塩漬けにする。手間もかかれば時間もかかる。
コンビニとかスーパーで売っている粒ウニとは別モンだ。

ウニマニアたるもの、これを見逃すわけにゃいかんだろう、ってことで食べてみることにしたわけだ。
で、登場したどどんぶり。見ると飯の上にチョビッとだけウニがのっている
「こんだけかよぉ」って叫びたくなるんだけど塩漬けされているもんだからウニがギュッと凝縮されていた。


口に入れるとグウォーって感じで膨張してくる感じ。
実際には膨張なんてしないけれど口に入れた瞬間の味の広がり具合が素晴らしいから、そんな風に錯覚しちまうんだな。

本来はウニが取れない時期とか禁漁の時の為の保存食だったらしい。
普通観光で礼文島まで来たら
「せっかく礼文まで来たんだし、新鮮な生うに丼にしておこう」
って考えるだろうけど、この元祖ウニ丼だって食えるのはここくらい。
ウニ好き、珍味好きなら、こっちもトライする価値はある。
価格を見たら相当に勇気がいるけどね。

で、一応お店に電話して元相ウニ丼がまだ食べられるか聞いてみた。
そしたらなんとかウニの値段が上がってしまって元祖ウニ丼の価格も今じゃ6000円になってしまったとか。
「それくらいもらわないと商売にならないんだよね」と申し訳なさそうに言うご主人。

でもさあ、なんか逆に燃えない?
こんだけ高くなったらもう止めとくか、ってなってもおかしくないくらいの貴重な食材だぜ。
それが食えるってだけで礼文島行きたくなるだろ、本物のウニ好きなら。
いや、行けよ。

で、オレたちもそうだったけど、ちどりに行ったら生うに丼と元祖ウニ丼、どちらを食べるか絶対迷う。
そんな時の解決策教えとこう。
迷ったら両方食っちまえ。それが食いしん坊の鉄則だ。
そんな簡単に来れるところじゃないから当然だよ。
ま、人生やり足りないと後悔するけどやりすぎて後悔することなんてないから。
と、ウニ丼で人生を悟ってしまったのであった。
なんか礼文のウニってやっぱすげぇなあ。そんなこと考えさせるんだから。

炉ばた ちどり
北海道礼文郡 礼文町香深村トンナイ1115-3
0163-86-2130