うなぎロードで美味しい冬のうなぎを食べよう!!

うなぎ好きな人多いですよね? うなぎって夏の食べ物みたいに言われています。でもあれは江戸時代にうなぎやさんが提案したことで、実は秋から冬こそうなぎが一番美味しくなる時期なんです。

茨城県牛久市にうなぎロードがあった!!

うなぎっていうと美味しい地方が色々あります。浜松とか津とかとても有名です。でも関東近辺で覚えておいて欲しいのが牛久周辺。

牛久沼のほとりを通る国道6号線にうなぎ屋さんが並んでいます。人呼んで"うなぎロード"。
昔、この沼にうなぎ漁師がたくさんいて天然のうなぎを食べさせていたんです。その名残りでうなぎ屋がたくさん残っているわけです。


地物の天然うなぎはさすがに見なくなりましたが、このあたりで養殖したうなぎは脂がのっていてとても美味しいんだとか。
そんなうなぎを食べにいってきした。
たくさんあるうなぎ屋さんの中から今回選んだのは桑名屋さん。

落ち着いたお店。このあたりだとこういう感じのお店が多いんです。

最近、うなぎって高くなったけどここは比較的リーズナブルな価格設定が魅力。

うな重の並が1480円といううなぎとしては驚きの安さ。食べた人に聞くと「あれで十分ボリュームあって美味しい」とのこと。

そして特上が2800円です。うなぎ好きの取材陣、迷わず特上をオーダー。こういう時はケチケチしちゃいけません。遠くまで美味しいもの食べに行った時は奮発しないと。

うな重の並、上、特上っていうのは一般的にうなぎの量で区別されます。桑名屋さんの場合、並は上からご飯が見えて、上はご飯が見えない感じ。特上になるとうなぎが重なってます。

実食したななえ、このうなぎがメッチャ気に入った様子。

関東風のうなぎってフワフワに蒸して箸で掴むと切れてしまったりするんですが、ここのうなぎは少し違います。
蒸しが少なめでうなぎの歯ごたえと味がしっかりしています。タレの味付けも他より少し薄味なのでうなぎの美味しさがとても良くわかるんです。
関東風なんですが関西風に少し近い感じ。

人それぞれ趣味があると思いますがCarBeとしてはとてもおすすめしたいお店。「うなぎ食べてる~」って感じがします。
ななえもここのうなぎは最近食べた中で一番美味しいとのこと。千葉の超有名店よりもこっちだと断言していました。
ああ、なんかレポートしてたらまた牛久までうなぎ食べに行きたくなる~

食後はせっかくなので牛久沼散策。
国道6号をクルマで走っていると一箇所だけクルマを止める場所があります。
それが牛久沼水辺公園。


ちょっ奥まった場所にあってわかりにくいんですが、その分、穴場感満点。地元の人しかいません。

牛久沼を一望することができます。

このあたり、観光スポットは少ないんですが、その代わりにまったり、のんびりできます。
いかがでしょう牛久?
都内からも近いので休日、思い立った時に出かけるのもおすすめです。