仕事している友達同士でクルマで長旅に行くにはどうする?

「えー、そりゃ何日も旅行したいけどそんなに休み取れないよ」
皆で旅の予定を立てると必ずそういうことをいうやつが出てくる。
ま、皆仕事してりゃ当然だ。

じゃあなんで今回の北海道の旅で13人もメンバーが集まったのか?
それは途中解散、途中参加をOKにしたから。
一緒にいられるだけ一緒にいて、途中で帰ればいいじゃん、っていうことにしたんである。
札幌から羽田までLCCが飛んでいて安いチケットもあるし、ちょっと変わった旅のスタイルがまた面白い。

ちなみに今回、週末土日に有給1日をつけて金曜夜から月曜朝までいたのが4人。

ちょっと長めに休みを取って礼文島で一晩すごし、火曜日の昼に帰ったのが1名。
水曜日に稚内で解散したのが1名という感じ。

ただ今回、ちょっと大変だったのは途中解散するやつばっかりで途中参加がいなかったこと。
帰り道、運転手少なくなってしまって大変だった。

過去、メンバーが入れ替わるやり方で和歌山から宮城県まで3週間旅をしたことがあるが、うまく皆の予定が合うととても楽しい。
行く前も帰ってからもツィッターやラインで旅の様子を知ることができるから途中で抜けたり、まだ仕事しているのにバーチャルで旅している気分になる。
「今、仙台。牛タンメッチャ美味い」
「いいなあ。明日行くから待っててね」
みたいな感じ。

飛行機と電車とクルマ、全部をフルに使いまくってやる大人数の旅、けっこう面白いぞ。