ー大自然を満喫!オシャレなフランス車でBIRTHDAY CAMPに行ってみたー

みなさま、こんにちは。
CarBe ライター見習いのトゥッティです。

大切な人との特別な時間を、少しオシャレに演出してみたい。
そんな風に考えたことはありませんか?

今回、そんな願望を叶えるBIRTHDAY CAMPに行ってきました。
コウタの誕生日にオシャレなフランス車で出かけてみることにしたんです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆今回の旅のお供、ルノー【LUTECIA】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

‘恋に落ちるクルマ’という発想から生み出されたフランス車、ルーテシア。
その発想、さすがフランス人…! なんとも詩的なコンセプト。
これを聞いただけでときめいてしまいます。

都会派な感じなのでアウトドアには不向きなんじゃないかな、と思いきや、意外とマッチしてくれました。

◆【LUTECIA】のここに注目!

◎デザイン性

クルマに求める重要な要素の一つ、デザイン。
やっぱりテンションの上がる見た目だったり内装って大事ですよね。
ルーテシアは美しいものを愛するフランス人に評価されるだけあって、日本車にない洗練されたデザインが特徴的!

クルマを前にした時に感じるオーラが違います。
曲線的なシェイプでありながら、キリリとした印象も兼ね備えるフロントデザイン。

後部座席はサイドガラスの延長に配置されたリアドアノブで開閉するちょっと近未来的な仕様。
スポーツカーみたい! (スポーツカーのことよく分かってないんですけどね)

モダンなカラーとまるでインテリアを思わせる快適空間。
ドアを開けた瞬間、「おぉ~!」となる(ほんとに声が出ました)、海外の雰囲気たっぷりな内装。

BLACK x REDのカラーリングにWHITEステッチが効いてます。

◎機能性

ドライバー:コウタの感想

サスペンションがしなやか。路面の状態は伝わってくるけれど不快感がない。
故にキャンプ場くらいの悪路でも快適に運転できる、と高評価!

細かくシート位置を調整できるので、長身でも窮屈にならず◎

ハンドリングやアクセルワークの反応がダイレクト。
いい加減な操作をしてもなんともないようなクルマから乗り換えると、最初は多少気を遣うけれど、すぐに慣れて運転が楽しくなる。良い意味で道具っぽい感じが、いかにもヨーロッパの車という感じで好み。

◎ちょうど良いサイズ感

夏のキャンプで土日ともなると、多くのキャンパーで賑わうサイト内。
到着が遅いと、スペースを探しまわるのは至難の業。
ですが、小回りのきくルーテシアですいすいと通り抜け、ベストポジションをゲットできました!
緑の中にも深みあるREDが映えますね。

◎気になったところ

ラゲッジスペースは、たくさんのギアを積むキャンプにはやや狭めな印象。
テントにタープにテーブル・チェアetc…となると収まりきらず、
着替えや細々した物たちは後部座席に積んでいきました。
二人でキャンプに行くのなら十分でしたが、四人だとかなり荷物は減らさないといけません。

それから海外仕様の為か、ドリンクホルダーのサイズや位置に違和感がありました。

さて、次はいよいよキャンプ。ルーテシアに積み込んだキャンプ用品で、どんな二日間を過ごしたか、ご紹介しようと思います。