今月の気になるクルマ。21歳女子はJUKEをどう見る?

Car Beの外部スタッフ、ライターや読者が気になっているクルマを使って遊びに行ってみようというのがこの企画。

今回の担当は松枝 桜 デザインの専門学校を卒業したばかりの21歳。
仕事をしながら時間があるときCar Beの企画に参加しています。

ではまず自己紹介から。

移動手段はほぼ車!

好きな映画は『ワイルド・スピード』でした。
父が車やバイクが好きだったり、親戚のおじさんが車関係の仕事をしていたこともあり、小さなころから車に興味津々でした。

そして、20歳の節目に、アルバイトして貯めたお金でフィットを買いました。

車があることで、ちょっと遠くに出かけてみたり、電車が走っていない時間でも自分の都合で出かけらるので、フットワークが軽くなりました。

フィットの好きなところは、コンパクトなのに広々した車内空間です。
コンパクトなため小回りが利いて、狭い路地での右左折や、駐車も楽にできます。
また、車内が広いことで、後列のシートを倒せば自転車を乗せられます。
海まで車で行ってパーキングに車を止めたら、自転車に乗って海沿いをサイクリングするのが私のお気に入りコースです。

次に車を買うとしたら、セダンがいいです。
本当は最初からセダンが欲しかったんですけど、「最初に買う車はボコボコになるつもりで」と言われて少しでもぶつける確率を下げるためにコンパクトカーを選んでしまいました。
大人数が乗らなくても、大きな荷物を積めなくても、大人な高級感が漂うセダンにとても憧れています。
そんな桜の試乗記です。

JUKE1500 GTで横浜を走ってみる

まずは本牧でランチ。オシャレな本牧のブギーカフェに来てみました。

クルマを近所のパーキングに入れてランチ。天気が良い日は最高に気分が良いところ。

ハンバーガーは本格的だけれどシンプル。昔からある定番の味をキチンと受け継いできたという感じがします。
しかも普通のハンバーガーにポテトと飲み物がついたコンボが600円という安さ。

お腹がいっぱいになったところで街と高速道路の両方を半日シッカリ走ってみました。
そして桜はJUKEをどう見たのか?

コンパクトなのに流線型でダイナミックなデザインだなと思いました。色使いがかっこいいですよね。
特に独特な顔つきで大きな丸いヘッドライトが魅力的。

一見2ドアでスタイリッシュに見えるけれど、後ろのピラーの中に隠れたドアハンドルで後ろからの乗り降りができる4ドアっていのは驚きました。

編集部の人、ずっと2ドアだと思っていたみたい(笑)

窓は少し小さく感じるけれど、大きめなサイドミラーとバックモニターで、車線変更のときも駐車をするときも視界は良好でいいですね。


でも、Aピラーが少し太めで左右からの横断者などの姿は少し見えにくいかも。

車内のインテリアは、エアコンの送風口やドアハンドルなどがヘッドライトと同じ丸型で統一されているところが気に入りました。

四角形ではなく丸にしていることで、ゴツゴツしすぎない優しいかっこよさがあります。

前列のシートは、きゅっと優しく後ろから包んで支えてくれるような感触で、長距離ドライブでも疲れにくそう。

後列のシートは倒せば広い収納としても使えて、大きな荷物もラクラク積めちゃう!

最近、アウトドアに出かけたいと思っている私にはこれくらい荷物積めることが重要なんです。

アクセルを踏むと、軽い踏み込みでもしっかりと走り出すし、さらに踏み込んでいくととても滑らかに加速するんですよね。

嫌な振動も無く、とても乗り心地が良いし、これなら眠った赤ちゃんも起きないかも。
このクルマ、乗った人たちがとっても速くて楽しいって言っていたんですが、私はちょっと怖くて思い切りアクセルを踏むことはできませんでした。

ハンドリングも軽く小回りが利くため、狭い路地での右左折やUターンもらくらく。
腕や肩にかかる疲れも少ない。

JUKEは家族での長距離のおでかけや、大きな荷物が必要なアウトドアをする人向けにおすすめの1台かも!