マンガ的インプレ【頭文字K公道試乗伝説 ホンダS660編】

ー「よう!こんな所にしょっちゅう来るなんて、アンタも物好きだなァ!」
この企画ではスポーツモデルを中心にした「乗って楽しいクルマ」を紹介していくぜ。
クルマってのは、言わば人生の相棒だ。
俺の話も頭の片隅に入れつつ、クルマ選びの参考にしてくれよな…!

若者こそ乗るべきクルマ、S660とは?

ほう…
こいつァまた、なかなか手ごわそうな試乗車のお出ましと来たか…!
ボディサイズや排気量は前回のコペンと大体同じと見たぜ!
街中をチョロチョロ走るのは得意そうだが、
この手のクルマが苦手とするヒルクライムこそ試乗しがいがあるってもんだァ!
まずはクルマの見た目からしっかりチェックさせてもらうぜ!

っ…!!
先進的な現行のホンダマインドをビンビン感じるぜ!
ボディラインからライト形状までエッジの立ったシャープなデザインが何ともよく走りそうなビジュアルじゃねぇか…!
内装は至ってシンプルにまとまっていて、面白みには欠けるがそんなモン走りには関係ねぇ!
鮮やかなブルーのボディカラーも峠で目立つ事間違いナシッ!
ただ、何処と無くホンダビートを彷彿とさせるあたりの”ただ新しいだけじゃ無い”感じも気に入ったぜ!

屋根は手動のロールオープンタイプか…!
こいつはコペンの自動オープン型に比べるとちょっと手間だが、その分気持ち程度だが屋根も高く、
またシートも低く設定されていて、車内空間がちゃんと確保されていやがるッ…!
心の声(待てよ…ただ面倒なだけと思うのは安易過ぎる気がするぜ…
こ、こいつは…こいつはまさか女の子と2人で共同作業をする口実にもなり得る、そんな無限の可能性を秘めているんじゃないか…!?)

(なんて素晴らしいクルマなんだろうか…!!)

ゴホッ…
気を取り直して今度は各部を見ていくぜッ!
トランク…(エンジンが鎮座していやがる…だとォ!)
ボンネット…(屋根仕舞ったら何も積めねぇじゃねーかッ!)
このクルマ…まさかとことん走らせる事だけに特化してるっていうのか…?!
これは実際に走らせるのが今から楽しみだぜ…!!

おっと、もうこんな時間か。
実際に走った時の感想はまた今度峠で会った時にゆっくりさせてくれ。
山陰になってるコーナーは凍結している可能性もある。
アンタもその時まで気を付けてクルマを運転してくれよな。

次回へ続く>