いよいよ礼文島上陸。そこで見つけた最強の定食屋とは? ハスラーで礼文島を目指せ!  Day4 ~礼文島

1深夜まで屋外海鮮三昧という壮絶な野宿をした軍団(たぶんもう一生やらないと思う)、早朝から起きてさっさと片付けをスタート。
野宿する時はこれが鉄則。誰も起きてこないような早い時間に起きて片付けたら出発しなきゃいけない。

夜は誰の迷惑にもなっていないと思っていても朝になって皆が仕事しだしたら思いがけずじゃまになっていることって野宿だとあったりする。
誰だってこれから仕事だ、って時にテント張ってガーガー寝てるのを見つけたら「なんだあいつら」って思う。

旅先で地元の人に迷惑かけるようなことするのって、とっても格好悪い。
だから大丈夫だと思っても人が動き出す前出発する。これ鉄則ね。
もちろんゴミも絶対に残さないこと。

「なんか若い連中がテント張ってたみたいなんだけど気がついたらいなくなってた。ヤツラがいたところはすごいきれいになってたよ。ああいうのならまた野宿してくれてもいいよな」
なんて言われたらなんかかっこいいじゃん。

仕事休めなきゃ帰るしかねーよな

大至急でテントをたたんで小樽に移動する。実は金曜日の夜から月曜日の夜だけで参加していた連中が4人いたから駅に送り届けないといけない。


通勤と観光の人達が溢れている小樽駅で「じゃあね」「気をつけてね」なんて別れを惜しむ。

でものんびりしている時間はない。稚内を出る最終のフェリーに乗らないといけない。小樽から稚内ってメッチャ遠い。

しかも高速道路が途中までしか通っていないから、道中ほとんど下道だ。

「礼文島は 50 年に一度の大災害。土砂崩れで2名が無くなり・・・」ラジオのニュースが繰り返し流している。
メンバーの携帯には家族や友達から「礼文島ヤバいぞ」「危ないから行っちゃダメだ」の連絡が連発。
けれどそんなことで軍団の勢いは止まらない。突っ走りながら
「電話して確認しようぜ」って礼文島の役場とキャンプ場に電話したら「はあ?」みたいな反応。

土砂崩れが二三箇所あったけど別に何にもないから来いよ、まったく最近のニュースってなに報道してんだ、と確認するために電話した礼文島の人達から言われて一安心。

だけど夕方出る最終のフェリーまで時間がない。ずっと走りっぱなしでも出港時間ギリギリ。
トランシーバーで色々と相談しながら稚内で買うものを手分けする。複数の車で長旅する時、トランシーパーは必需品だ。

ハラハラしたけど無事礼文島上陸

今回使ったのはハートランドフェリー。

稚内から礼文島、利尻島に行く時はこのフェリーを使う。
ハートランドフエリー http://www.heartlandferry.jp/

いやぁ北の島って雰囲気が独特でいいやね。

波とか遠くに見える利尻島がカッコよすぎて日本じゃないみたい。


メシどうすっかなと思ったけど「もう疲れたから食堂で食おうよ」ってことで最果ての食堂で晩飯。


「えー、ここまで来て中華料理ぃ?」「もういいじゃん今日は」
なんて話していたらここ、メッチャ美味くて驚いた。

もうね、ここで飯食うためだけに礼文にもう一度行きたいくらい。

最強の定食屋みはるの記事はこちら http://moto-be.com/yasai_rebun10

最果ての銭湯に浸かってテントを張ったら満点の星空見ながら「いやーついに来たね」なんて言って乾杯。眠りについたのだった。