C-HRの走りと燃費が凄すぎた。でも遊びグルマとして見たら?

今回、山梨の旅で使ったのはトヨタのC-HRのハイブリッド。今、メッチャ売れているSUVです。
こいつをCarBe的にレポートしてみることにしましょう。

素晴らしすぎる燃費に感動

このクルマ乗ってて驚いたのは燃費。

今回、まったく燃費運転なんてしてないです。高速渋滞してたから下道ばっかりだったし峠も多かったし、それに相当攻めて走ってしまいました。燃費なんて良い訳がありません。
ところが20ℓ/kmを切らないんですよ、これが。

今回600km走ったんですけどガソリン入れた時まだ目盛り一つ以上残ってましたからね。
燃費運転したらどうなっちゃうんだろって感じですよ。

先日、CarBeのスタッフが皆でN-BOXを街中でブイブイ走らせていたら全開が続いたからか10km/ℓを切ったことがありました
(飛ばし過ぎって声もありますが)、これも相当に驚いたんですが、その2倍以上走ってることになります。

なんにしても燃費に関してはかなり驚いたクルマでした。
今の時代、燃費がいいってだけで嬉しくなりますよね。

走りと快適さが素晴らしい

そしてもう一つ凄いって思ったのが走り。人間、荷物満載でもシッカリしているしこの状態でも相当に力強く走ります。
CarBeの後藤が一人で峠も思い切り攻めてみたんですが、これがSUVとは思えないほどの素晴らしいコーナーリング。

車内の快適さも文句なしでした。今回、行きも帰りも中央道が大渋滞でリコとカメラマン、下道で都内まで帰っています。
ぶっ通しで走ったものだから最終的にカメラマンが帰り着いたのは10時間後。それでもまったく疲れませんでした。

何しろ室内快適。静かだしスピードが上がってもタイヤのノイズとかほとんど聞こえない。

今回登場してくれた女子三人、皆で交代して運転したけどとっても乗りやすかったみたい。
「こりゃ売れるよな」って思いましたね。

C-HRのここは気に入らない

と、そんなに素晴らしかったC-HRなんですが、今回使ってみて気に入らなかったことが一点あります。
後席が狭いのと荷物が積めないんです。


アリサ

後ろは狭くて窓があまり開かないから、圧迫感は感じたかなー
でも走りがスムーズ静かだからいつの間にか寝ちゃう?

SUVって遊びのクルマですからね。
皆で荷物積んで出かけたい、って思った時にこれだと遊びの選択肢が減ってしまうわけです。

 

感覚的には軽自動車よりは荷物積めるかな、っていうくらい。
大きめのクーラーボック積むとカーゴスペースがかなりいっぱいな感じになってしまいます。

今回みたいに4人乗車でキャンプに行くとなったらテント、椅子、テーブル、タープ、寝袋といった大物はすべてレンタルに頼ることになってしまうわけです。

遊びたい盛りのアウトドア派にとって、これは痛いところ。
こんだけ売れてんだから、一回り大きいサイズのクルマも作れよなぁって感じ。

つまりあんまり荷物を積むような使い方をしなければ素晴らしいクルマ。
荷物を搭載するにしても乗るのが二人限定って割り切れればOK。

遊びグルマとしC-HRを見てみるとそんな感じです。
トータルで見たらとっても良いクルマでした。遠くに旅しに行くなら次もコイツだな、って思ったし。
少人数か荷物がない旅限定ですけどね。